企業の事業活動(広報・宣伝・販促・営業活動)
における媒体・コンテンツ制作環境の
業務改善とブランドマネジメントを実現する

デジタルアセットマネジメントシステム

CIERTOは企業の事業活動(広報・宣伝・販促・営業活動)における媒体のコンテンツ制作に関わるあらゆる情報を一元管理する事によりコンテンツ制作ワークフローの生産性を向上させ制作コストの削減を実現します。同時に制作されたコンテンツも一元管理出来るので企業活動におけるブランディング強化が実現し売上拡大につながります。

aspic-logo

apac-logo

aspic-logo

apac-logo

デジタルアセットマネジメントシステム「CIERTO」は日本国内における実績と先進性を評価されて総務省が支援する「ASPICクラウドアワード2019」において総合グランプリを受賞しています。2022年には「APAC CIO Outlook」において「2022DAMソリューションプロバイダTOP10」に選出されています。

CIERTOを中核にしたコンテンツ制作・管理・配信ワークフロー

workflow-fig

Function & Features

  • CIERTOの基本機能

    各種販促媒体で使用する素材から完成したコンテンツまで効率的に管理・活用する基本機能を紹介

  • 制作ワークフローの生産性向上

    様々な関係者が関わる販促媒体の制作工程において無駄・ミスを削減する制作支援機能を紹介

  • 企業活動におけるブランディング強化

    データの利用ガイドラインや使用ルールを統一し、多媒体販促におけるブランディング強化機能を紹介

CIERTOによる事業活動における媒体・コンテンツ制作のDX・デジタルトランスフォーメーション

concept-fig

デジタルアセットマネジメントの概念において、媒体(メディア)の中身を構成する情報として意味のある形を持つ記事、写真、動画、グラフィックス、音声などがコンテンツです。データ(素材)を加工したり組み合わせる事によりコンテンツは情報として意味を持つ事になります。コンテンツはデータと同様に新たなコンテンツを作り出すためのデータ(素材)として再利用されたり異なる媒体に再編成される事により付加価値を高めます。そのためコンテンツにはデータ以上のルールが必要になります。

データの一元管理がどのように制作ワークフローの生産性向上とコスト削減をもたらすか?

企業の事業活動における媒体・コンテンツ制作には多くの関係者(プレイヤー)が関わりプロジェクトが進行します。全てのプレイヤーがCIERTOでは一元管理されたデータをオンライン共有できるのでデータの入稿から管理、校正、承認、配信までのワークフローがデジタル化されてリモートワークや在宅勤務も実現します。CIERTOで一元管理されたデータはフォーマット変換を行い、WEBやSNSそしてカタログ等の異なるフォーマットの多媒体においてワンソースマルチユースが可能となり制作ワークフローの生産性向上とコスト削減を実現します。

コンテンツの一元管理がどのように企業活動におけるブランディング強化を実現し売上拡大につながるか?

CIERTOでは、あらゆる媒体で活用されるコンテンツを一元管理する事によりロゴや商品写真そして使用許諾権が設定されているコンテンツの使用ルールを設定する事が出来ます。システムが自動的にVI/CIのガイドラインや契約に基づいたコンプライアンスを徹底する事ができるのでブランディングを強化する事が可能になります。同時に紙媒体やWEB媒体そして動画媒体等のマルチチャネルにおいて一貫したコンテンツを訴求出来るので企業の販促活動におけるブランディングも強化されて売上拡大につながります。

system-img

System

ご検討、ご導入に向けて

CIERTOではさまざまな導入形態を用意しています。用途にあわせた最適な形をお選びいただけます。

Contact

お問い合わせ・お見積り・ご相談依頼は下記よりお気軽にお申し付けください

03-6418-5111

受付時間:平日9:30~17:00