株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

Case Studies

導入事例

松本印刷株式会社

大容量顧客データ一元管理による制作業務コスト削減と顧客への付加価値提案

- 新・総合印刷としての様々なデジタルサービス展開の基盤プラットフォームとして -

導入前の
課題

  1. 再利用が多い在版データを探すため、CD/DVDラックに2,30往復/日の行き来をしていた
  2. 最新データの判別がつかず、データの取違えや先祖返りなどのヒューマンエラーが発生
  3. 印刷会社への顧客要望が変容していく中で、顧客との信頼関係の継続手法を模索

導入後の
効果

  1. 全拠点からオンラインで必要な在版データを検索し、迅速な再版/改版への活用が実現
  2. 入稿、制作、製版業務をサーバに一元集約することで、常に正確に最新データを把握
  3. 顧客との長期ビジネス継続に向けた、営業主体のオンライン校正、付加価値提案を開始

「ターボサーバーEXPRESS」導入の背景

同社では制作工程における生産性の向上と、一元管理した顧客データを印刷ビジネスに活かすべく、2010年に「ターボサーバー」を導入されました。近年では印刷の垣根を超えて様々なデジタル事業を展開する「新・総合印刷」として、印刷事業はもちろん、動画制作サービス、アクリルプリント、ソーシャルディスタンスツール製作など、時代に即したオリジナルグッズ制作、Webショップ販売を展開しております。同社ではこれらの新たなデジタルビジネス展開へ向けて重要となるデジタルコンテンツ管理、顧客へ向けた付加価値の高いサービス提案、オンライン校正/制作コミュニケーション改善を次なるステップとして見据えておりました。2020年にはこれを実現すべく、最新DAMソフトウェア「CIERTO」を搭載した「ターボサーバーEXPRESS」へリニューアルされました。「当社の印刷ビジネスの特徴として、多くの案件で制作素材、在版データの再利用を必要とします。再利用の際のデータコピー、検索・共有作業負荷を改善したい、という想いが2010年当時のシステム検討のきっかけでした。一方、競合他社に勝ち抜くための要素として、顧客データの一元管理が今後の印刷ビジネスで鍵を握ると考えていました。」(石川氏)

今だから言えるシステム選定のウラ

今だから言えるシステム選定のウラ

特に導入の後押しとなったポイントは、ターボサーバーEXPRESSが利用環境に依存されないオープンプラットフォームを採用していた点にあったといいます。「顧客の様々な要望に広く柔軟に対応することのできる環境を重要視しており、特定のRipベンダーに依存したサーバシステム構築は望ましくありませんでした。オープンだからこそ当時導入していたTrueflow RIPとの連携が可能だったことも大きな理由です。社内設備を活かした運用連携に柔軟性と広がりを感じ導入を決断しました。」(石川氏)

課題解決の糸口とは?

課題解決の糸口とは?

システム導入後、同社では制作工程から在版管理までのプリプレス工程を全てターボサーバーEXPRESSへ集約されました。社外からの素材入稿やデータ受渡し、フルマウントによる社内制作、校了データの長期保管など、制作業務のほぼ全てをサーバー上で行うことで、自然と顧客データがターボサーバーEXPRESSへ集約されました。これによりオペレーターが取り間違えることなく、常に最新データを管理・把握することが可能になりました。集約されたデータは、Webブラウザ上で全てプレビュー閲覧、検索することができ、課題になっていた煩雑なデータの検索作業や確認作業からも解放、効率的な業務を展開されております。

波及する改善効果

波及する改善効果

ターボサーバーEXPRESSによるオンラインでのデータ検索により、オペレーターが1日2、30回以上CD/DVDラックへ行き来する時間はゼロに、制作業務に集中できる環境を構築しました。また、常に最新データが管理されているため、担当者がもし休んでも滞りなく別の担当者が業務を進めるルールが徹底されております。現在は10年間で約40テラバイトまでに増加したデータをデータベース化し、本社、工場、営業所、東京支社、協力会社に至るまでオンラインで活用されております。

今後の展望

導入から10年、制作業務改善で大きなコスト削減を挙げられている同社ですが、今後は蓄積されたデータを中心に顧客へ対する自社の付加価値をどのように提供し信頼関係を継続していくか、時代に即した新たな活用方法を模索・検討されております。「リモートワーク/在宅ワーク/オンライン会議など、昨今の企業の働き方が変容している中で、顧客データを適材適所で活用し付加価値のある営業提案が欠かすことのできない要素になってきました。現在、顧客へ提案中のオンライン校正/制作コミュニケーション改善をはじめ、営業が顧客提案を自主的に積極的に行っていけるよう、運用体制構築を進めています。」(石川氏)

松本印刷株式会社について http://www.m-print.co.jp/
創業90年を迎え静岡に本社を置く同社は、企画から製作、印刷、製本、配送までをワンストップでサービス提供している総合印刷会社です。昭和7年の創業以来、地域に密着したサービス展開を中心に、豊富な設備を駆使して時代に応じた様々な要望に応えています。また、新・総合印刷として、従来の印刷事業をはじめ、様々な素材への印刷を行うデジタルプリント事業、Web/動画制作を行うデジタルコンテンツ事業、Webショッピングサイト運営を展開、常に顧客のニーズを先読みし、時代の先端をいく技術と生産性向上を目指しております。
関連リンク

CIERTO -デジタルアセットマネジメント(DAM)システム -

デジタルアセットマネジメントシステム「CIERTO」は、カタログ・Web・プロモーションビデオ・チラシ・DM・ECサイトなどの企業のマーケティング活動に関わるあらゆるデジタル資産の一元管理を実現します。素材となる商品写真やスペック、イラスト、動画、ロゴ、テキスト、ドキュメントなど全てのコンテンツを統合的に管理し、本社や販売店間での共有はもちろん、販促物制作に関わる宣伝部と各制作プロダクションなど様々な関係者間でリアルタイムに共有することが可能です。 販促媒体の制作においては、入稿から進行管理・修正指示・承認・変換・配信・アーカイブまで、CIERTOを中核に制作進行することが可能です。これにより、媒体制作の生産性向上・品質向上・ブランドマネジメントの強化を実現し企業のマーケティング活動を強力にサポートします。