商品情報管理(PIM)

PIM機能

pimheader-img

商品情報管理(PIM)機能では、商品名や価格、性能、販売期間等の基本情報から画像やグラフィクス、動画、マニュアル等についてもDAM機能をベースにした紐付け管理が可能となり、サイズ違いやカラーバリエーション、組み合わせ商品など複雑な商品情報の一元管理を実現します。

ECサイトや製品サイト、カタログなど、各種メディアに対して商品情報の自動連携が可能となり、一貫性のある商品情報をミスなくスピーディーに市場に投入でき、生産性向上と売上拡大を支援します。

商品情報管理が実現する4つのソリューション

多目的テンプレート管理

pim_img03

複数のテンプレートを作成して多目的のデータベースを構築でき、表示するデータベースはフォルダ単位で設定できるため、商品写真、人物写真、社内文書などの属性に合わせて適切な管理が行えます。ログインIDごとにデータベース設定を変更することも可能なため、社内外の関係者との適切な情報共有が実現します。

商品フォルダビュー

複数のテンプレートを作成して多目的のデータベースを構築でき、表示するデータベースはフォルダ単位で設定できるため、商品写真、人物写真、社内文書などの属性に合わせて適切な管理が行えます。ログインIDごとにデータベース設定を変更することも可能なため、社内外の関係者との適切な情報共有が実現します。

pim_img04

属性一括登録・書き出し

pim_img05

ファイルの属性情報をファイル/フォルダでまとめてCSV形式で一括で書き出したり、属性情報が入力されたCSVファイルを取り込むことが可能です。各種基幹システムから生成した商品情報の更新などメンテナンスが容易に行えます。特定の項目のみを選択してCSV書き出し項目をプリセットすることも可能です。